自己紹介

自分の写真

ダイビングとバイクをこよなく愛する53歳のおやじ。じっとすることが嫌いな性格はいつまでたっても変わらず。なんにでも興味を示す雑食派 人との繋がりが自分のすべてのエネルギーと信じる。日々出会い、日々学び 嫌いな言葉 マイペース 無責任

2013年3月20日水曜日

人との出会いは変化するチャンス(理論編)

自分が変化を起こすきっかけってどうしてます?

人間は無意識にほっておくと、楽なように生きようとする。

楽に生きるとは変化を望まない生き方である。

変化するということは非常にエネルギーのいることで、よほど意識しなければ、自分の環境に変化を加えることはできない。

エネルギーがあっても、よっぽどのきっかけが無い限り変化させることはできない。


自分は、人との出会いや別れを、変化を起こすきっかけとしている。

出会いや別れは、自分の人生でも大きな出来事あるし、いろんな意味でキーポイントになる場である。

人との出会いや別れだけでも大きな変化かもしれないが、そのタイミングで環境を変えようとする。

別れはなかなか、自分の意思だけで実行には移せないが、出会いは、自分の行動しだいだ。

ある意味、変化を求め続けているのであろうし、そのタイミングが多ければ多いほど、環境を変えるチャンスも訪れる。


組織においても同じことが言える。

人との出会いと別れ、新しい社員を迎え入れる時が、一番会社を変化させるチャンスだ。

滅多にないタイミングを逃してはもったいない。

もうじき新入社員が入ってくる。

変化を起こす最高のタイミングを逃す手は無い

0 件のコメント:

コメントを投稿