自己紹介

自分の写真

ダイビングとバイクをこよなく愛する53歳のおやじ。じっとすることが嫌いな性格はいつまでたっても変わらず。なんにでも興味を示す雑食派 人との繋がりが自分のすべてのエネルギーと信じる。日々出会い、日々学び 嫌いな言葉 マイペース 無責任

2012年12月30日日曜日

2012年を振り返る ほんの一部だけ・・・

毎年、いろんな事が起こるが、今年はある意味、劇的に変化を遂げた年であった。プライベートにおいても、ビジネスの組織においても、経営者としても・・・

プライベートは、おいておくとして、ビジネスについて触れてみる。

今年の冬、大きな決断をした。従業員をも不安がらせる人事の刷新をした。
やると決めた以上は、やるのだが、さすがに自分も「大丈夫か?」と不安になる一面を持ちながらの決断であった。決めた以上は自分を信じるしか無い。振り返ってはいけない。他人からもいろんな進言があったが、自分の考えをしっかり述べ説明をすることにより、理解し覚悟を持ってもらった。
覚悟をし決断した人間が、浮つけば周りは余計に不安になる。

結果としてそれは、大きな成果を生むことになる。
組織は人の集合体ということを充分に実感できる成果であった。

ほんの少しの人の入れ替え、配置換えで劇的に組織は変わる。
当然ただ入れ替えるだけでは駄目であるが、経営者が作りたい組織像をしっかり頭に描き、それを具体化する妥協を許さない人材の確保と配置で、あとはその意味をしっかり伝えることで組織は動く。これが舵を取ると言うことなんだと改めて実感した。

結果、自分の中でもやもやしていたものが吹っ飛んだ。
自分が望む、自己を後回しにするチームワークが生まれてきた。
人間は得てして、自分の損得を先に考えてしまう。
それを先に考えてしまうと、チームワークにはならない。形は出来ても中身が伴わない。
今年、後半からそのチームワークが目に見えだした。
従業員たちが自分たちで率先して動き出した。
そしてその結果が、年末にかけて現実のものとなっていく。どんどん受注に繋がっていく。

従業員のやったという達成感がこちらにも伝わってくる。

自分が望んでいたものはこれなんだ。簡単に見えるが、数十人の人間が一丸となるのは並大抵のことでは無い。
しかしひょんなきっかけと、そこからでてくる結果で人は変わる。

今年、初めて、すべての業務を終わらせてから忘年会をした。現場は動いていたが・・・
一人一人を回り、握手をした。今年のお礼と、来年もよろしくと・・・
かける言葉は月並みであるが、握り返してくる手には強い力を感じ、そして輝く笑顔があった。「来年もやりまっせー」「もっといきましょ」等々 今まで僕がかけていた言葉が従業員から発せられる。
すべては結果次第なのかも知れない。うまくいってるから笑顔なのかも知れない。うまく受注できてなければ、こんな笑顔も無かったのかも知れない。これから先、そんなこともあるだろう。
しかしその時こそ、僕の出番と考えている。何が駄目なのかを常に客観的に見つめるポジションに僕はいる。ちょっとした助言で正しいレールに自分たちで戻るきっかけをタイムリーに与えれば良い。
確実に大きく一歩前進した年をであった。さぁ こっそり次のステップへ

来年は、何かもっとすごいことが起こりそうな予感!!。

ありがとう2012年

0 件のコメント:

コメントを投稿