自己紹介

自分の写真

ダイビングとバイクをこよなく愛する53歳のおやじ。じっとすることが嫌いな性格はいつまでたっても変わらず。なんにでも興味を示す雑食派 人との繋がりが自分のすべてのエネルギーと信じる。日々出会い、日々学び 嫌いな言葉 マイペース 無責任

2015年11月23日月曜日

人の力こそが国の力 でも勘違いは地獄を見る

国を造っているのは誰ですか?

もし国民ですという答えを持つなら、国民は、何をしないといけないですか?

主体性が国民にあるなら、その国民は、しっかりと、国民としての意識と、知恵と行動が伴わなければないません。

法律的に国民だからと、個人の主張だけを繰り返していれば、それは、その本人も含めた、衰退にしかならないのです。

事故の主張の前に、本当にあなたはグローバルな考え方を持っていますか?

昔の人達はもっと持ってましたよね。自分の力量の範囲よりも少し上、もしくは広いところを見据えて行動していました。

果たして今の国民ははどうでしょうか?

あなたは自分主体ではないですか?

自分たちの考えは自ら問いただすこともなく正しいと考え、意に沿わないのは、他人のせいにしていませんか?

それがこの国のボトルネックだと僕は思います。

しっかりと自分を見つめ、世間を見つめ、死ぬ直前まで自分を見つめ直し、何が正しいかを導き出し、自分にはそぐわないから批判をするのではなく、正しいと思うことを自ら立ち上げる、そして行動を起こしていく。その一人一人の行動こそ、国民のあるべき姿ではないですか?井の中の蛙大海をいらず   貴方は世間を知って、ちゃんと考え方を持ち、自ら能動的に行動を起こしていますか?
自分の持論です。

0 件のコメント:

コメントを投稿