自己紹介

自分の写真

ダイビングとバイクをこよなく愛する53歳のおやじ。じっとすることが嫌いな性格はいつまでたっても変わらず。なんにでも興味を示す雑食派 人との繋がりが自分のすべてのエネルギーと信じる。日々出会い、日々学び 嫌いな言葉 マイペース 無責任

2014年3月29日土曜日

自分ってどんな人間か?知ってみることが最強の強みに繋がる

自分はどんな人間か知っていますか?

大概の人は知っているという。

でも、本当に知っていますか?

たとえばあなたが、問題や失敗を起こしたとき、反省しますよね。

失敗した原因、追求しますよね。一人で・・・・

そしてそこに出てきた答えって、どんな答えでしょうか?


・責任感というものをはき違えていた。

・プロとしてのプライドが、報告を遅らせた

・つい、人見知りして声をかけるタイミングを逸してしまい、ドンドン言い辛くなってしまった。

 など


山ほど、失敗した原因は出てきます。


ここで出てきた原因は、確かにその問題なり失敗を引き起こした要因でしょう。

多くの人は、ここで追求を辞めてしまい、この問題を引き起こさないシステムを構築しようとします。

実はこれが一つ目のミスです。


・責任感というものを再度考え直す

・プライドを捨てる

・人見知りしても、覚悟を持って人に話しかける。

 など

確かにそれも大切ですが、同じ失敗したこと無いですか? それも何度も・・・・

再発しないように気をつけてるのに、再発してしまう。

なぜでしょうか?


人は、ここで二つ目のミスを犯してしまいます。


それは、再発防止に考えた解決策を、忘れてしまったからと判断してしまうのです。

あなたが最初に考えた失敗を引き起こした原因、それは本当に根本の原因なのではないでしょうか?

実はそれが根本の原因で無いから、何度も同じ失敗を繰り返してしまうのです。

実はここで出てくる原因は表面上の問題であって、実は本来引き起こした元の原因では無いのです。

確かに表面上の問題を発生させない努力は必要でしょう。


しかし人間は、忘れるという超得意な特性を持っています。

忘れてしまったとたんに、再発する可能性はほぼ100%となります。

ここまでが、問題や失敗を引き起こした原因を、一人で見つけ出し解決しようとした多くの結末です。



では、本当の原因は何なのか?

先にも書いたように、表面上の原因を突破し、その奥にある本来の原因に到達しなければならないのです。

表面上の問題を引き起こしている、本来の原因を白昼に引っ張り出さなければならないのです


どうすれば、その原因を引き出せるのか?

実はこれは、自分で引き出すことができる人は殆どいません。

なぜなら、それこそが自分のWeekPointだからです。



ではなぜ、WeekPointを自分で引き出すことができないのか?


人間の殆どは、昔、自分のWeekPointを知ってたはずです。

しかし、人間は社会の中で自分を構築するために、それを隠そうとします。

隠すことによって、自分が世間に順応で優秀な人間であることを世間に認めさせようとするのです。

そして、そこで構築された人間として世間と付き合っていくうちに、そのWeekPointを忘れてしまう。

ここで、本来の自分とは違う、表面上の自分ができあがります。

無意識の中に、WeekPointを持っているのにも関わらず、WeekPointが無いと勘違いしている人間のできあがりです。

これが、大きな凡ミスや、うっかりからの大きな問題を引き起こしてしまい、尚且つそれを再発させてしまう要因なのです。


では、どうすればそれに気付くことができるのか? 

自分のWeekPointはどうすれが、再発見できるのか?


答えは自分で見つけようとしないことです。


実はこのWeekPointは、無意識のうちに自分で隠してしまったものなのですから、ほぼ自分で見つけ出すことなんてできません。

もしそれができるとすれば、よほど自分を客観的に見ることができ、そして知ることに対する覚悟ができた人間でしょう。(それができれば、隠しもしてないでしょうけど・・・)


自分で見つけることができないのなら、他人に頼むしかありません。


自分で隠したものは他人に見えてるはずが無いと考えるかも知れませんが、あなたは、自分の周りの人がどんな人間か考察したことはありませんか?

その本人が思っているのと違う答えを指摘したことあるでしょう。

気丈な振る舞いをする人のちょっとした行動に小心者を見たことはありませんか?


同じ事です。

自分で隠しているつもりでも、実は他人には、非常によく見えているものです。

隠していても、無意識のうちに行動や言動に出ているものなのです。

周りは知ってて、自分は忘れて知らない。これが、自分のWeekPointなのです。

ですから身近な人に本音で、自分てどういう人間なのか? 

自分の悪いところって何処なのか?

また良いところも聞いてみる。

それが一番の近道です。一人では無く複数に聞くことがより確実です。


これには相当の覚悟がいります。

人間は自分の本音を知るのを怖がります。

そして場合によって、言われた内容で腹が立ってきます。

そこを冷静にしっかりと受け止めば、それが自分のWeekPointで有り、それを冷静にしっかり受け止め、それに対する対策をするだけで、自分が社会の中で起こしてしまうあらゆる凡ミスや、うっかりミスを大幅に減らしてくれるはずです。

ミスを犯す度に、そのミスに対しての表面上の具体的対策がドンドン増えていく。

増えれば増えるほど、対策を実行できるはずなどありませんし、再発を繰り返します。

しかし、根本の自分のWeekPointをしっかりと理解し、それに対する少数の対策を講じるだけでミスは殆ど無くなってしまうのです。


大きなことをすることも大切です。

しかし、その裏側で、ミスを繰り返さない自分を構築することも同時に大切なのです。

これは決して守りではありません。

自分がやりたいことを成就し、他人にそれを認めさせる最大の近道でしょう。

なぜなら、自分のWeekPointを解った上で行動起こしている人は、自ずと他人から無意識のうちに信頼を勝ち取っています。

覚悟を決めて、自分を知ってみませんか?

凄く簡単でしょ!!



以下はFBに投稿したものを転載

今日、とある社員から、「社長、うちの嫁さんに僕がどんな人間か一回書いてみてくれ!と頼んだら、一杯出てきましたわ〜!!」
何のお話かというと、
実は失敗をした社員に「なぜそんなことになったのか?原因を考えてごらん」と投げかけました。

責任感の勘違い
しょうもないプライド
人目が気になる
等々

でもこれって全部表面上の問題点なんですよね
表面上の問題点は個人で書き出すことはできるのだが、その原因を作っている内なるもの・・・それは中々自分では見つけ出すことができないものです。

だから
「他人に聞いてごらん! 身近な人に!!」
その社員はそれを実行しただけなんです。
でもね、その社員、今日、僕の部屋に入ってくる顔が元気なんですよ。
「やっと解りましたわ。俺って言う人間が!!何処に問題があるかよく解りました。」
そうそれに気がつけば、あなたはもう失敗をする確率は極端に減るはず。
何故なら自ら問題を引き起こす原因の根本に気がついたんですから
人間は、自分のウィークポイントを無意識のうちに隠そうとします
隠すことによって、自分が順応で優秀な人間であることを構築しようとします。
そうしている間に、そのウィークポイントを忘れてしまう。と言うかなかったことにしてしまう。
だから自分の行動から、大きな凡ミスを犯してしまうんです。
そのウィークポイントをしっかり自覚している人間って実は強いんですよね。
そして、自分の性格や行動から導いてしまう失敗が極端に少ないんですよ。
あなたは自分の内なるウィークポイント知っていますか?
一度覚悟を決めて、聞いてごらん
周りの人はそれを知っていますよ。必ず!!




0 件のコメント:

コメントを投稿